Product Family

HAL 39xy

外乱磁界補正を備え、プログラム可能な 3D ポジション・センサ

概要

HAL 39xyは、外乱磁場下での堅牢な回転/直線位置検出を行い、ISO 26262の厳しい安全要件を満たすように開発された、TDKミクロナスが提供する次世代3Dポジション・センサです。

 

HAL 39xyには、SPI インターフェースをサポートするHAL 3900、PWM/SENT出力をサポートするHAL 3930、そしてPSI5 インターフェースをサポートするHAL 3980が用意されています。HAL 3930は、ハイとローのコンフィギャブルなスイッチ出力を備えています。スイッチ信号は位置情報から算出されます。位置情報のどの位置にもオン/オフ・スイッチング・ポイントを定義することもが可能です。

 

HAL 39xyは、360°の角度と直線動作、そして3軸ポジションを計測します。センサ・タイプにより、温度補正されたX軸、Y軸、Z軸の生値、あるいは2つまでの計算された角度情報を送信することが出来ます。HAL 3980は、角度速度も送信することができます。

 

また、すべてのデバイスは出力リニアリティを改善するためのセット・ポイント・リニアライゼーションを備えています。ユーザは33の等間隔セットポイントあるいは17の位置設定可能なセットポイントどちらかを選択することができます。

 

センサはミクロナスの3D HAL® テクノロジをベースに磁石の位置を計測します。また、ホール素子アレイを使用して、外乱磁場を抑制します。回転角度計測には、シンプルな二極磁石を使用します。磁石は軸端で感磁面直上の部分に配置することを推奨しますが、軸側面でも計測することができます。センサは、ISO 26262に準拠したSEooCとして定義されています。不揮発性メモリをプログラミングすることでゲイン/オフセット、リファレンス位置など、磁気回路を調整することができます。

 

センサは、自動車/産業機器向けに設計されていて、環境温度 –40 °C~160 °C で動作します。

 

HAL 39xyは、超小型8ピン・パッケージSOIC8 で提供されます。

Block diagram – system architecture

https://www.micronas.com/sites/default/files/svg/HAL39_BSB_1.svg
https://www.micronas.com/sites/default/files/fallback/HAL39xy_block_0.png

All products of this family

HAL 3900

Package: SOIC8
Ordering Code: HAL3900A-DJ
Interface : SPI
Temp. Range: -40°C - 160°C
Magn. Range [mT]: -10 - +130

HAL 3930

Package: SOIC8
Ordering Code: HAL3930A-DJ
Interface : PWM, SENT
Temp. Range: -40°C - 160°C
Magn. Range [mT]: -10 - +130

HAL 3980

Package: SOIC8
Ordering Code: HAL3980A-DJ
Interface : SERIAL, Digital
Temp. Range: -40°C - 160°C
Magn. Range [mT]: -10 - +130